こやま歯科 貝塚市二色浜駅前の歯科医院

こやま歯科

診療科目
歯科 小児歯科 歯科口腔外科
診療時間
診療時間

ホワイトニング

ホワイトニング
ホワイトニング

ホワイトニングとは健康な歯を削らずに歯を白くする方法です。
歯はもともと白くなく、わずかに黄ばんだ色をしています。それをより白くする方法です。
 
 
ホームホワイトニングをはじめるにあたって、まずはじめに、お口の形の型をとって、歯型ににぴったりのマウスピースを作成します。
 
歯の漂白を行う前には、表面の汚れを落としたほうが、浸透が良く、効果的です。そのため、マウスピース制作前に、歯のクリーニングをさせていただきます。
歯石除去などが必要な場合はホワイトニング前に治療を行います。
 
ホワイトニングトレー
ホームホワイトニングでは、1日数時間の使用で、およそ2週間で歯が白くなってゆきます。自宅でのホワイトニングは、安全性の確保のため、歯科医院で行うオフィスホワイトニングよりも、マイルドな薬剤が使用されます。その分、白くなるまでの期間が長くなりますが、時間をかけてじっくりと漂白を行うため、後戻りしにくい傾向があるようです。
 
歯科医院でマウスピースを作成した後は、ご自宅でホワイトニングを行います。 マウスピースにジェルを注入し、歯に装着します。 ジェルを入れすぎて歯肉に付着すると、歯肉の変色、知覚過敏の原因などになるため、入れすぎには注意が必要です。
 
ホームホワイトニングはほとんどの人に行えるホワイトニング法ですが、知覚過敏のある方、虫歯や欠けた歯がある方、妊娠・授乳中の方などは、避けたほうがよいでしょう。
また、金属やレジンの詰め物、かぶせものには効果がありません。
過去の治療物が気になる場合には、変色しない白い歯科材料・セラミックなどで代替することが可能です。
 
抗生物質の過剰摂取による着色歯(テトラサイクリン)や、象牙質・エナメル質の形成不全による着色歯などで、もとの歯自体がしま模様になっている場合には、全体的に白く、模様を薄くすることはできますが、均一に白くすることはできません。そのような場合には、セラミックなどを用いることで歯を白くすることが可能です。
 
ホームホワイトニング(両顎):28,000円(税別)

白いかぶせもの・つめもの

オールセラミック

オールセラミッククラウン
セラミックだけでできた素材です。
透明性に優れ美しく周りの歯の色に溶け込みます。
適合性、色、噛み合わせに優れ、変色しません。
 
オールセラミッククラウン:100,000円 (税別)

 

メタルボンド

メタルボンド
中身は金属で、外から見える部分にのみセラミックを貼付けたかぶせもの(クラウン)です。
見た目がよく変色せず、強度にも優れています。
メタルボンド:75,000円 (税別)

ハイブリッド

ハイブリッドインレー
セラミックとプラスチックとの複合材で、歯と同じくらいの硬さを持った素材です。
保険のものより、永く白く美しい歯を保つことができます。
ハイブリッドクラウン:55,000円 (税別)
ハイブリッドインレー:30 ,000円 (税別)

ラミネートベニア

ラミネートベニア
健全な歯の部分は極力削らすに歯の表面を薄く削り、そこに付け爪の様な薄いセラミック製の歯を貼り付ける事で歯の表面の色、形を整えます。虫歯の部分は少ないけれども、歯の形、隙間や変色が気になる方に適します。
 
ポーセレンラミネートベニア:60,000円 (税別)

ファイバーコア

ファイバーコア
グラスファイバーという特殊な素材でできた、歯の土台です。適度な弾力性、しなやかさがあるため、根が折れたりするのを防ぎます。
また光の透過性がある為、ファイバーコアにオールセラミックの歯をかぶせることで、非常に美しい透明感のある歯に仕上がります。
また、歯ぐきとの境目が黒くなってしまうこともありません。金属を使用しないので金属アレルギー体質の人でもお勧めできます。
ファイバーコア:10,000円 (税別)

その他

ゴールドインレー

ゴールドインレー
金合金でできており、しなやかで歯との適合性も良く、詰め物と歯の境目から虫歯になりにくいです。
ゴールドインレー:40,000円 (税別)

インプラント

インプラント
インプラントは、失った歯を補うために人工歯根を埋め込み、その上から人工歯を装着する事で噛む機能を回復する治療法です。
 
入れ歯と違い、残った歯に負担をかけません。
ブリッジと違い、前後の歯を削らずにすみます。
 
CT
3次元CT診断装置も導入していますので、より精密な診断をしたうえで治療が受けられます。
 
インプラント 1本:280,000円 (税別)〜

ノンクラスプデンチャー

ノンクラスプデンチャー

 
ノンクラスプデンチャーは、これまでの「金属バネが見えてしまう……」という不満を解消する、留め金のない入れ歯です。

特徴1.目立たない入れ歯

従来の入れ歯に付きものの金属バネがなく、入れ歯であることがわかりにくくなっています。 口元を気にすることなく、自然におしゃべりを楽しむことができます。

特徴2.快適なつけ心地

ノンクラスプデンチャーは素材に弾力性があり、薄くて軽い仕上がりのためスッキリとした自然なつけ心地が実現します。 また、装着時の違和感が少ないので、食事や会話が快適に楽しめます。

特徴3.残っている歯にやさしい

これまでの、残っている健康な歯に金属のバネで固定する入れ歯と違い、ノンクラスプデンチャーは「金属バネのない入れ歯」です。 そのため、健康な歯にあまり負担をかけずに入れ歯を固定できます。
 

ノンクラスプデンチャー:90,000円 (税別)

その他の入れ歯治療

部分入れ歯

部分入れ歯

部分入れ歯は、抜けた歯の周囲に支える歯がある場合や、ブリッジ治療を避けたい場合に使う取り外し式の入れ歯です。歯ぐきの上に直接置き、両脇の歯にバネで固定して噛めるようにします。金属のバネが見えてしまうなど審美面に欠ける面があります

総入れ歯

総入れ歯

総入れ歯は、すべての歯を失ってしまった場合に装着する入れ歯です。部分入れ歯に比べると補う範囲が広いため違和感もありますが、定期的なメインテナンスによって緩和することが可能です。

金属床義歯

金属床義歯

歯ぐきに接する部分が金属でできています。金属は強度が高く、かつ薄くできるのが最大の特徴です。 温度の変化も合成樹脂の床に比べると感じやすく、薄いため会話時の違和感も少なくなります。
 

コバルト床義歯:コバルトクロム素材は金属義歯としては最も歴史のある素材です。丈夫なので永くご使用いただけます
 
チタン床義歯:チタンは、消耗や溶け出すことが無いのでアレルギー等が発生しません。
とても軽く、味覚の違和感が無くお食事を楽しむことができます。
 
コバルト床義歯:1床200,000円 (税別)
チタン床義歯:1床300,000円 (税別)

顎関節症

顎関節症(がくかんせつしょう)とは・・・

 
口を開け閉めする際に、顎関節やそれをコントロールする筋肉などにさまざまな症状が出ることをいいます。
実は、顎関節症は歯医者さんで改善することができるのです。
顎関節症の症状は大きく分けると、以下の項目に分類されます。
1:口を開けるときに音が鳴る
2:口を開けづらい
3:口を開けたり閉じたりする時に痛みがある
顎関節症にはさまざまなものがあります。 

あごの動かし方が悪くて起こる場合

ほおづえをつきながら何かを食べる癖があったり、あごをカクカクさせる習慣などがこれにあたります。寝ている間に歯ぎしりの癖のある人も要注意です。あごの関節はドアの蝶つがいより高機能です。
おかしな方向に開けたり、必要以上の強い力を加えたり、無理に開け閉めしようとすると関節に大きな負担がかかるのです。

口の中に原因がある場合

抜けた歯があるのに放置したり、う蝕(虫歯)や歯周病を治療しないままにしておくと、知らず知らずにかみ方や上下の歯のかみ合わせのバランスが悪くなり、顎関節に負担をかけることになります。
また、歯の被せ物をとれたままにしておいたり、壊れた入れ歯を無理に使っていたりすることも原因となります。

原因・誘因の除去

 ※顎関節症の原因を取り除くために、以下の方法があります。
 ■かみ合わせの調整、原因となる虫歯、合わなくなった金属やすり減ったプラスチックを取りかえる。
■抜いた歯の所にブリッジや義歯を入れる。
■バイトプレート、スプリントの装着
■かみ合わせを調整できる取り外し可能な装置(マウスピースなど)を入れ、顎(あご)の負担を軽減する。
マウスピース

こやま歯科では、上記の方法を行っております。
その他、顎関節症についてお困りの方は、お気軽にご相談ください。